一般社団法人日本産業カウンセラー協会 神奈川支部 講演会・研修会の開催や相談室でのカウンセリングをおこなっております。

Google

WWW を検索
kanagawa-c.jp を検索
 
一般社団法人
日本産業カウンセラー協会
神奈川支部
〒231-0062
横浜市中区桜木町3丁目8
横浜塩業ビル 6F
TEL.045-264-9521
FAX.045-264-9013

────────────────
講演会・研修会の開催や相談室でのカ
ウンセリングをおこなっております。
────────────────
qrcode.png
http://kanagawa-c.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

550357
 

実技指導者たちの声

 

産業カウンセラー養成講座 実技指導者の声をつづります

産業カウンセラー養成講座 実技指導者の声をつづります
フォーム
 
2017年12月13日(水)
2017-12-13
今年度通学養成講座を修了して、早1か月。一息ついた実技指導者達は集まって、今年度の反省会、それに基づいての研修が続いています。自身の関心のある分野を深める人も。この自らを振り返る時間、そして新しい出会いの新年度へ向けてのエネルギーチャージは1月に産業カウンセラー試験を控えている講座修了者に伴走している気持ちかもしれません。
寒暖の差が大きかったこの秋、散歩の途中、日差しをうけて木々を見上げると息をのむばかりの美しい紅葉でした。誰も見ていない林の中、小学校4年生で覚えた歌が口をついて出てきます。
 
 誰が風を見たでしょう 僕もあなたも見やしない
  けれど木の葉をふるわせて 風はとおりぬけていく
 
宮崎駿監督「風立ちぬ」では別の使われかたをしていましたが、子供ながら、西條八十訳詞の歌が「非物質的世界の存在、見えないけれど在る」を実感し、何だか大人になったような瞬間だったのです。
養成講座では傾聴を実習という方法で身に着けていただくのですが、腑に落ちる瞬間をグループメンバーと共に味わう醍醐味、他ではなかなか味わえませんよ。この原稿が目に触れるのはクリスマスでしょうか?
 
May your Christmas wishes come true !!!
通学 K
 
2017年11月13日(月)
2017-11-13
この時期、7か月にわたる養成講座が終わり、受講された皆さんから「やって良かった」「まだまだ出来ないことばかりだけど続けて学んでいこうと思う」という声を聞きます。
実技指導者としてもやって良かったとホッとしたり、指導の仕方をもっと工夫できたのではないかと思ってみたり、試験に合格してほしいと心配したりと、思いはつきません。
 
7か月という時間は決して短いものではありませんが、今まで知らなかったことを身につけるために費やす時間としては、そう長いともいえないと思います。
知らないからできない、知ってもすぐにはできない、知って何度も何度も繰り返してできるようになる、そのうち意識しなくてもできるようになる(身につく)。
 
もちろん個人差はあるでしょうけれど、身につくということは簡単にできるものではないでしょう。これからも何度も何度も・・・は繰り返されます。
 
養成講座では受講者と指導者という間柄でしたが、これからは同じ産業カウンセラーの仲間として、いろいろなことを一緒にやっていけますように・・・。
まずは1月の試験の合格を祈っています!
通学 N
 
2017年11月6日(月)
2017-11-06
2017年度通学の養成講座が修了しました。
受講者も指導者も全力で駆け抜けた7か月間だったのではないでしょうか。受講中は大変な思いをされたこともあるかと思います。本当にお疲れさまでした。
けれどEasy come easy go. 頑張った分、力となっている筈です。どうか自ら努力されて手に入れたものを大切にして頂けたらと思っています。
 
そして、長年開催されている養成講座の、このタイミングで同じく産業カウンセラーを目指すこととなり、苦楽を分かち合ったお仲間との出会いも大切にして頂けたらと思っています。
 
次は1月の試験です。どうかグループの皆さんと一丸となって全員合格を目指してください。指導者も皆さんの合格を心より祈っています。
 
(写真:昨年、旅先で出会った人と縁あって、先週一緒にナイアガラの滝を観に行きました。)
通学 M
 
2017年10月4日(水)
2017-10-04
今年もベランダのポットマムが蕾をつけ始めました。
ポットマムがオレンジ色の花を咲かせ始める頃には今年の養成講座も修了式を迎えます。
修了式を意識すると、自然と頭の中でいきものがかりのYELLが流れ始めます。
養成講座の修了式、ポットマムのオレンジ色の花、いきものががりのYELL。
この3つが私の中ではセットになっているようです。
 
今年のグループは、時間を重ねる毎に自然と、本当に自然と仲間意識が芽生え纏まっていきました。
初めは緊張した表情だった受講者さんたちも、今では自然な笑顔が見られるようになりました。
「養成講座が安心できる場所になったのだなぁ~」と嬉しくなります。
 
私が実技指導者になろうと思ったのは、私が養成講座を受講した時に、本当に良い仲間と、本当に良い時間を過ごせたからです。
あの時の私のように「真剣な目」をした受講者さんたちを身近に感じることで、初心を忘れることなく謙虚な姿勢を持ち続けたいと思ったからです。
今年も「真剣な目」をした受講者さんたちに囲まれ、私は受講者さんたちから多くのことを学んでいます。
 
今年の養成講座もあとわずか。
多くのことを学ばせていただいてありがとうございます。
いきものがかりのYELLのような気持ちで、受講者さんたちの巣立ちを見届けたいと思います。
通学 O
 
2017年9月19日(火)
2017-09-19
通信の養成講座が終わり、間もなく通学も終了となります。
始まって間もないころは「まだまだ長いなー」と言っておられた受講者も、
終了まぢかになると「あっという間だった」「寂しくなるな」など、その思いが変わってきます。
指導者も受講者も家族のような、そこにいるのが当たり前のような関係が培われてきていたからでしょう。
 
「人の役に立ちたい」と思われて参加される方が多いのですが、安心できる環境の中で学んでいるうちに、
自分を知るようになり、そんな自分に自信が持てるようになってきます。
ゆとりが生まれ、充実した毎日が送れるようになり、周りの方から「変わったね」とか
「そばにいてくれるだけで安心する」とか「話を聴いて」といわれることが多くなるようです。
 
カウンセリングは人の気持ちを聴くことですが、
その学びの過程で自分の気持ちを感じることを繰り返しおこなっていくことで、気付いていなかった自分自身を発見することになるからです。
カウンセリングを学ぶおもしろさがここにあります。
皆さんも新たな自分に出会ってみませんか。
 
写真:犬山城(2017全国大会・名古屋にて)
通信 S